トップページ 土佐和紙について モリシカの製品 製造工程 施工について 壁紙のご注文 お知らせ 会社概要 お問い合わせ サイトマップ

製造工程

土佐和紙の製造工程を紹介します。

和紙の出来るまで

蒸解 蒸解完了 パルプ化
(1)割り箸14kgに対して苛性ソーダ30%添加して2時間蒸解します (2)割り箸の蒸解の完了です (3)蒸解した割り箸をビーターで ぐるぐる回しながら細かくパルプ化します
パルプ化 パルプ化 木材パルプ
(4)細かくなっています (5)パルプ化(繊維)した状態です (6)基本原料-木材パルプ
ビーターで混合 バケットポーチャー 紙漉き工程
(7)ウッド・パルプ・木材パルプをビーターで混合 (8)バケットポーチャー
(天然繊維を抄紙する機械)
(9)紙を漉く工程です
木材パルプと天然繊維の混ざり合う部分 手漉きの場合 プレスジャッキ
(10)木材パルプと天然繊維が混ざりあう部分です (11)手漉きではこの行程です (12)プレスジャッキで脱水して乾燥工程に入ります
乾燥 仕上がったロール 巻き取り作業
(13)乾燥して紙の出来上がりです (14)出来上がったロールは仕上げ工場に運びます (15)選別しながら巻き取ります
陳列 割り箸和紙6種類
(16)陳列されて出荷待ちです (17)和紙6種類です
土佐和紙の由来
素材について
土佐和紙壁紙
竹製品紹介
割り箸製品紹介
ケナフ壁紙
Copyright © MORISHIKA All Rights Reserved.